クリエイター系スキルの学ぶべき順序・まず最初にデザインを始める理由

クリエイター系の仕事が人気ですが、学ぶべきスキルの順番について解説します。

若手デザイナー
岡田くん
クリエイターとして学ぶべきスキルの順番は?
何を最初に学ぶべきかな?

この記事はそんな疑問にお答えする内容となっております。ぜひ最後までご覧ください。

エイジ
本記事を作成者。クリエイティブ会社を経営しつつオタクな私生活を送っています。
若手デザイナー・岡田くん
エイジの会社の社員で若手デザイナー。オタクな私生活を送っています。
▶︎エイジや岡田くんの詳細はこちらの登場人物記事をご覧ください。

クリエイター系スキルの学ぶべき順序・まず最初にデザインを始める理由

皆さんこんにちは、エイジです。

世の中がステイホームな傾向にあるため自宅で動画編集者やプログラマー、Webデザイナーなどクリエイター系のお仕事を始める人が増えています。

もちろんどんな仕事を選ぶのかは個人の自由。

ただクリエイター系の仕事を始めた人たちがある程度スキルを学んだ時点で少なからず思ってしまうのが「順番的には先にこっちを学ぶべきだった」とか「このスキルは一番最初にやっておいた方が良かった」など学ぶべきスキルの順序です。

 

若手デザイナー
岡田くん
例えば動画編集クリエイターが動画編集ソフトは使えるけど、サムネイルが作れないから作り方を先に学んでおけば良かった‥とかそういうやつですね。
エイジ
そうそう。何事も始めてみるとそのスキルだけでは事足りずに結局は別のスキルを学ぶことになる。それならそのスキルだけでも先にやっておいた方が良いよね。
若手デザイナー
岡田くん
ちなみにどんなクリエイター系仕事でも必要になってくるスキルはあるんですか?
エイジ
それはズバリ、グラフィックデザインだね。どんなクリエイターの仕事でも必ずと言って良いほど必要になってくるスキルだよ。

 

グラフィックデザインとは、いわゆる視覚的なデザインの構築とそれを作るためのアプリの操作スキルなどを総称した言葉です。

例えば先に述べたように動画のサムネイルはもちろん、Webサイトやホームページのデザイン、さらにはあらゆる固有名称のロゴマークなど世の中はグラフィックデザインで溢れています。

もちろんそこは分業してグラフィックデザイナーに外注するという考えもありますが、グラフィクデザインを必要とするケースは意外と多く、ちょっとしたことでも外注すれば費用がかかってしまいます。

特に個人で活動するクリエイターの場合は、そこで分業すると報酬も少なくなってしまいますし、クライアント(仕事の発注者)から見ても一括で依頼できる人に任せる方が楽です。

グラフィックデザインスキルで可能な仕事のあれこれ
・画像の加工や編集作業全般
・動画のアイキャッチやサムネイル作成
・Webのデザイン全般
・オリジナルロゴの作成
・名刺やチラシ、ポスターなどの広告物  etc‥

上記のようにグラフィックデザインを学べば出来ることが増え仕事の手部範囲は確実に広がりますね。

 

若手デザイナー
岡田くん
順番的にもグラフィックデザインは先に学んだ方が良いんですか?
エイジ
例えば動画編集の場合で考えると動画をどんなデザインにするかを考えることも、動画に使われる素材作りも編集作業よりは先になる。
そう考えるとやはりグラフィックデザインを先に学ぶ方が良いと言えるね。

 

他にもWebデザイナーの場合は先にグラフィックデザインを学んでどんなWebを作りたいのか考えつつ、コーディングも並行して学ぶと良いですね。

音楽クリエイターはまず音楽を作るのに専念したほうが良いのは間違いありませんが、自分のアーティス名を決めてロゴ化したり楽曲の動画を作る際などグラフィックデザインのスキルが役に立つ場面はたくさんありそうです。

 

グラフィックデザインを先に学んだ方が良いケース
・動画編集の前に画像加工スキルや最低限のグラフィック作業スキルは学んでおくべき
・動画やブログなどのアイキャッチやサムネイルのデザインは自分でできた方が良い
・Webサイトやホームページを作る前にトップページやロゴデザインのスキルは学んでおくべき
・あらゆる仕事をする前に自分の名刺くらいはデザインできるようにしておくべき  etc‥
エイジ
とりあえずグラフィックデザインのスキルがあれば汎用性は高いってことですね。
若手デザイナー
岡田くん
グラフィックデザイン単体の仕事もたくさんあるので、クリエイター系の仕事をやってみたいという人は、ひとまずグラフィックデザインを学んでみるのもアリですね。
さまざまなクリエイター系の仕事が広がる中でグラフィックデザインのスキルは一番最初に学んでおけばまず間違いないというお話でした。

とはいえ、あくまで学ぶ順番を決めるのは自分自身なので、モチベーションの上がることから学ぶというのも楽しんで学ぶという観点から見れば正解ですね。

皆さんも自分らしいクリエイタースキルの学びを見つけてみてください。

 

最後に‥

グラフィックデザインの基本をしっかり学びたいという方には無期限サポート付きのオンラインデザイン講座・Design Hacks(デザインハックス)がリーズナブルです。

エイジ
内容が充実しているので新人デザイナーの研修用に使って入る会社もありますね。

以下のグラフィックデザイナーの必須スキルが自分の好きな時間にしっかり学べるので仕事や学校で忙しい人にも良いですね。

①Illustrator、Photoshopの操作スキル
②デザインの基本的な理論やマナー
③デザインセンス
85本以上のデザイン講座、講師は現役のグラフィックデザイナーで質疑はLINEで無制限。さらにデザイン課題の添削もしてくれるという至れり尽くせりのオンライン講座です。
費用も買い切りで税込59,800円とリーズナブルなので、学費が数10万円もするデザインスクールに通うより断然お得。
エイジ
気になった方は以下より詳細をご覧ください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

クリエイター系のスキルについて学ぶ順序について記事を書かせていただきました。

クリエイターはどんな仕事を選んでも、多かれ少なかれIllustratorやPhotoshopを使わざるを得ない場面に出くわしますのでグラフィックデザインを先に学んでおいて損はない、というお話でした。

本ブログでは他にもデザイン関連の記事をたくさん書いておりますので、興味があればぜひご覧ください。

この記事が少しでも皆様の学びの参考になれば幸いです。

関連記事

これからグラフィックデザインを学びたいという方に向けて、社会人でも学びやすくコスパの良いグラフィックデザイン・オンライン講座を3つ紹介します。デザインで転職したい人、在宅で副業したい人におすすめの記事となっています。 デザイン[…]

関連記事

グラフィックデザインを学びたい。そう気持ちが固まったとしても初心者の方には何から始めれば良いか分からないと思いますので、グラフィックデザイナーになるために必要なスキルを解説したいと思います。 デザイン初心者 岡田くん グラ[…]

著者・エイジをフォロー!
>「クリエイジブ!」とは‥

「クリエイジブ!」とは‥

クリエイティブ業界で25年のキャリアを持ち、そのうち3社で役員を経験。またクリエイティブ会社の経営者として16年の実績を持つエイジが、これからクリエイターを志す方に向けて学びの情報を発信するブログサイトです。 仕事別で必要なスキルの種類や学びの手段などを、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説・紹介できればと思います。