【重要】未経験からグラフィックデザイナーになるには・必要スキルの紹介

グラフィックデザインを学びたい。そう気持ちが固まったとしても初心者の方には何から始めれば良いか分からないと思いますので、グラフィックデザイナーになるために必要なスキルを解説したいと思います。

デザイン初心者
岡田くん
グラフィックデザインを学びたいけど何から始めればいいの?
グラフィックデザイナーが身に付けるべき必須スキルって何?

この記事はそんな疑問にお答えする内容となっております。
是非、最後までお読みください。

この記事の筆者・エイジが経営するクリエイティブ会社ではグラフィックデザインの仕事を受注しつつ、グラフィックデザイナーの育成にも力を入れています。
未経験者がグラフィックデザイナーになるために何を学ぶべきかしっかり解説したいと思います。
→筆者・エイジの紹介記事はこちらからどうぞ
デザイン初心者・岡田くんはエイジが経営するクリエイティブ会社の新入社員です。
グラフィックデザインについても日々勉強中です。
→デザイン初心者岡田くんの紹介記事はこちらからどうぞ

【重要】未経験からグラフィックデザイナーになるには・必要スキルの紹介

グラフィックデザインを始めたいと考えた時、何から始めれば良いか分からない人もいるかと思います。
特に未経験の方だとデザイン自体よく分からないという人もいるでしょう。

そういった方はまず、AdobeのCreative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)に加入しグラフィックデザインを行うために必要なデザイン画像編集ソフトに触れてみることから始めるのも良いと思います。

というのもAdobe(アドビ)のIllustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)はグラフィックデザイナーになるためには必修のグラフィックソフトなのでデザインを学習する前準備としても必要だからです。

ただしAdobeのIllustratorとPhotoshopの以外にもグラフィックデザイナーになるためにやっておくべきことはありますので以下に一つ一つ解説していきたいと思います。

デザイン初心者
岡田くん
AdobeのIllustratorとPhotoshopはデザイン業務をするときは必ず毎日使いますね。
エイジ
まずその二つのグラフィックソフトの操作に慣れることから始めよう。
ただし他にもデザイナーとして学ぶべき大切なことがあるんだ。

グラフィックデザイナーになるために・技術と知識の必要スキル

グラフィックデザイナーの必須スキルとして絶対に外せないものがAdobeのIllustratorとPhotoshopの二つのアプリケーションソフトを使いこなせるようになることです。

あとは目指す方向によって他にも使用すると便利なソフトもありますが、技術的にはまずそれだけでも十分と言えます。
しかしそれはあくまで技術的なことで、やはりグラフィックデザインの基礎やセオリー、どのようなアイデアでデザインを考えるかなど知識を身に付けることも必要ですね。

グラフィックデザイナーとしての仕事はあくまでもクライアント(依頼主)がおり、その要望を叶えるものを作成することが前提なので、独りよがりに自分だけの満足のために作ることはできません。そのためにも技術以上にデザインの考え方や、具現化するためのメソッドを学ぶことは大切ですね。

まず、以下にグラフィクデザイナーとして働くために最低限必要なスキルと知識についてまとめてみました。

技術面
・Adobe Illustratorの操作技術
・Adobe Photoshopの操作技術
知識面
・デザイン知識(理論、セオリー、アイデア発想等)
・入稿、データ納品など業務に付随した知識
デザイン初心者
岡田くん
技術に加えて、知識が必要なんですね。
ある意味で技術的なことよりも難しそうですね。
エイジ
その通りだね。
技術以上に差がつくのがまさに、知識やアイデア発想なんだよ。
以下に一つ一つ解説していくよ。

Adobe Illustratorの操作技術

Illustrator(イラストレーター)はアメリカのAdobe(アドビ)社のグラフィックデザインのアプリケーションソフトで略称で「イラレ」などと呼ばれたりもします。

全国のグラフィックデザインのほぼ全てがこのIllustratorで作成されており、商業で使用されるソフトとして競合はほぼいないくらいにユーザーが確立されています。
企業でも100%に近い導入率なので、グラッフィックデザインを始めるならIllustrator一択です。

特徴としてはIllustratorで作られる成果物は全てベクター画像(パスデータ)なので、いわゆる解像度などの制約を受けず印刷した際に画像が劣化するということがありません

以下にIllustrator特徴を箇条書きにしてみました。

・パスを使って自由に様々な形を描くことができる
・パスで作られたデータなので劣化しない
・入稿やデータ納品する際の必須ソフト

特徴からも分かる通り、ロゴデザインや文字の変形などを行うのに向いています。
画像も取り込めるため、ポスターやチラシなど様々な印刷物データを作成することもできます。印刷所に入稿する際や、仕事が終了したときはクライアントからデータを求められるので、Illustratorで作成したデータで納品することが常識となっています。

Illustratorの操作技術はもちろん、そういった仕事上での必要な知識も一緒に学んでいく必要がありますね。

Adobe Photoshopの操作技術

Photoshop(フォトショップ)は同じくAdobe(アドビ)社の画像編集のアプリケーションソフトです。略称で「フォトショ」と呼ぶ人も多いですがあんまり略されてませんね(笑)。

こちらも全国的にユーザーが確立されておりIllustratortとの互換性からセットで使用する人が多いため、画像編集ソフトして操作を覚えるならやはりPhotoshop一択です。
また後ほど詳しく解説しますがAdobeのサブスプリクションではIllustratorともセットなので特に悩まずにPhotoshopを使用すべきかと思います。

特徴としてはデータはラスター画像なのでIllustratorとは違い、印刷の大きさによっては解像度が低ければ劣化した見え方になってしまいます。

ざっとPhotoshopの主な特徴をまとめると以下の通りです。

・画像の色調を調整したり、修正や合成したりすることに適している
・印刷物としては編集した画像をIllustratorに取り込んで使用することが多い
・画像データなので解像度が低い場合は印刷もドットが目立つ粗い見え方になる

写真などの画像データを編集、調整したり、合成したりする時に便利なソフトです。
一から絵を描く場合はペンタブレットなどと併用することで、お絵かきソフトとしても使用できます。
印刷物としてはPhotoshopで編集された画像をそのまま使用することはほとんど無く、Illustratorに取り込んで入稿することが多いです。

仕事で使用するならIllustratorとセットで覚える必要がありますね。

デザイン知識(理論、セオリー、アイデア発想等)

デザインには分かりやすく、美しく見せるための、いくつかのセオリー(パターン)があり、そういった知識を実践することで形になっていきます。

成果物の種類によって様々な見せ方があるため、覚えておくことで実際に仕事に生かすことができます。
状況によってテクニックを応用したりすることでデザインに個性を加えていくことも可能です。

よりオリジナリティ性を重視される仕事の場合は、デザインコンセプトから詰めていく場合もあるため、アイデアロジックなど発想方法についても勉強しておく必要があるでしょう。

入稿、データ納品など業務に付随した知識

業務をする上で、デザインとは異なり、業界のルールやマナーを学ぶことも仕事をしていく上では重要です。
入稿データなどは顕著な例で、画面上では問題なく見えても、データ形式や解像度の知識など知らずに行うと印刷物として成立しない大きな失敗に繋がることがあります。

また自分にしかわからないようなデータの作り方をしていると、共同で作業することに適さなかったり、クライアントに納品したデータが触れないなどのトラブルに繋がることもあります。

誰かが教えてくれる環境であれば良いですが、個人で仕事を受ける場合は正しい知識を身に付けておく必要がありますね。

グラフィックデザイナーへの第一歩・Adobe Creative Cloudに加入しよう

まずグラフィックデザイナーを目指すのであれば、前述しましたように必須スキルであるIllustratorとPhotoshopに慣れることから始めてみましょう。

そのためにはAdobe Creative Cloudのサブスクリプションに加入する必要があります
ちなみにサブスクリプションとは一定の期間決まった金額を支払うことで利用できる定額制サービスのことです。月額でお金を支払う契約をして好きな動画が観れるVODサービスなどもこれに当たりますね。

つまりAdobe Creative Cloudとは定められた金額を支払うことで一定期間Adobeのソフトが使い放題になるサービスです。
グラフィックデザインソフトの中には買取で半永久的に使用できるものもありますが、Adobeには買取はなくサブスクリプションに加入する以外の選択肢がありません

サブスクリプションの利点としてはソフトの開発は常に行われているため、バージョンアップの度にお金をかける必要がなく常に最新のものを使用できるということ。買取だとバージョンアップを繰り返すパソコンのOSに対応できなくなることもあるため結果的に使えなくなったり新しいバージョンのものを買い揃えることになるため必ずしも買取がお得というわけでもないのです。

ぜひAdobe Creative Cloudに加入しグラフィックデザイナーとしての第一歩を踏み出してみてください。

以下はAdobe Creative Cloudの主だったプラン料金一覧です。
コンプリートプランを利用すればIllustratorやPhotoshopの他にもエディトリアルデザイン(書籍や雑誌の編集デザイン)に使用するInDesignや動画編集に使用するソフトなども使用できるためかなりお得な内容になっています。

Adobe Creative Cloud(個人加入)
・コンプリートプラン 5,680円/月
・Illustrator-単体プラン 2,480円/月
・Photoshop-単体プラン 2,480円/月
・InDesign-単体プラン 2,480円/月
・Acrobat Pro-単体プラン 1,580円/月

IllustratorとPhotoshopそれからAcrobat Proは使用頻度が高いため、その3つに加入するならコンプリートプランに加入した方がお得ですね。

以下よりAdobe Creative Cloudの全てのプラン料金一覧を確認できます。

→Adobe Creative Cloudのプラン料金を確認する

また、Adobe Creative Cloudでは未経験の方に向けて7日間の無料体験もできるため、とりあえず試してみたいという方は以下より使用したいアプリケーションソフトのプランを選んで無料体験にお申し込みください。

→Adobe Creative Cloudの7日間無料体験プランを確認する

Adobe Creative Cloudについてさらに詳しく紹介した記事は以下よりご覧ください。
かなりお得な情報もありますのでぜひ。

関連記事

デザインを始める時に使用するアプリケーションソフトは何を使えば良いか悩むと思いますが、仕事で使用するなら世界中どこでも使用されているAdobe IllustratorとPhotoshopが使用できるAdobe Creative Cloud([…]

まとめ

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

「【重要】未経験からグラフィックデザイナーになるには・必要スキルの紹介」いかがでしたでしょうか?

この記事で解説した必須スキルについては以下の通りです。

技術面
・Adobe Illustratorの操作技術
・Adobe Photoshopの操作技術
知識面
・デザイン知識(理論、セオリー、アイデア発想等)
・入稿、データ納品など業務に付随した知識

これらのスキルを効率よく学ぶ講座ランキングについての記事は以下にリンクを貼っておきますので、是非併せてご覧になってください。

関連記事

これからグラフィックデザインを学びたいという方に向けて、社会人でも学びやすくコスパの良いグラフィックデザイン・オンライン講座を3つ紹介します。デザインで転職したい人、在宅で副業したい人におすすめの記事となっています。 デザイン[…]

関連記事

終身雇用崩壊でいつリストラされるか分からない世の中になり、デザインスキルを身に付け転職を考える人も増えてきました。ただ忙しい社会人や初心者の人がデザインスキルを1から身に付けるにはそれなりに大変。そんな時におすすめなのが「ゼロから始めるデザ[…]

著者・エイジをフォロー!
>「クリエイジブ!」とは‥

「クリエイジブ!」とは‥

クリエイティブ業界で25年のキャリアを持ち、そのうち3社で役員を経験。またクリエイティブ会社の経営者として16年の実績を持つエイジが、これからクリエイターを志す方に向けて学びの情報を発信するブログサイトです。 仕事別で必要なスキルの種類や学びの手段などを、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説・紹介できればと思います。