【動画編集】副業で稼げるという噂の真相は?需要と案件報酬を解説

YouTubeなどの広がりにより動画編集の仕事が注目を集めています。実際の仕事を例に挙げながら需要や案件報酬をシミュレーションしながら稼げる副業かどうか解説します。

動画編集初心者
岡田くん
動画編集は稼げるって言うけど本当かな?
そもそも動画編集の需要はあるの?
動画編集の報酬ってどれくらいなの?

この記事はそんな疑問にお答えする内容となっております。
是非、最後までお読みください。

筆者・エイジについて‥
自身が経営するクリエイティブ会社で動画編集の仕事を20年以上に渡り受注してきました。
YouTuberデビューも近い?
→詳しい紹介記事はこちら
動画編集初心者・岡田くんについて‥
入社早々にのノースキルで動画編集の仕事に携わる。
アニメ好きというのもあり興味を持って動画編集スキルを習得中。
→詳しい紹介記事はこちら

【動画編集】副業で稼げるという噂の真相は?需要と案件報酬を解説

こんにちは、エイジです。

YouTubeなど誰でも手軽に動画投稿できる動画配信サービスが増えたことで、情報の表現手法もまたブログなど読ませるものとは違い、より直接的で刺激的な伝達手段として日常に浸透しました。

それらの映像の多くは私たちがより見やすく、より分かりやすく工夫が施されているのですが、そう言った動画編集と呼ばれる技術が動画投稿の広がりに伴い、注目されクリエイティブ業界でも「稼げる仕事」として噂されるようになりました。

本記事では、そんな噂の真相に迫りながら、動画編集についての需要や報酬金額、将来性などについて解説していきたいと思います。
是非最後までお読みください。

【噂の真相】在宅副業で動画編集は稼げる?需要について解説

動画編集初心者
岡田くん
動画編集の仕事が稼げるという噂は本当なんでしょうか?
エイジ
噂の真相を知る前に、まずは動画編集の需要について考察してみよう。

動画編集は僕の会社のようなクリエイティブ系の会社にとっては昔から馴染みのある仕事でした。

例えば企業のイベントや展示会で流す動画だったり、ホームページに掲載するイメージ動画や求人用の社員インタビュー動画、研修用に使用する動画などです。

こうした仕事の特徴は顧客が企業ということと、内容もある特定の人に向けて作るものでした。例えばイベントではイベントに招待した人たちに向けたもの、求人用の社員インタビューは就活中の学生に向けたものという具合です。

一方、昨今の動画編集のニーズは以下の通り明らかに変わってきています。

【昨今の動画編集ニーズ】
①YouTube投稿者などの個人や、小規模な団体からの依頼が急増
②一部の人に向けてではなく、不特定多数の人に向けての動画

一昔前では個人が動画編集を依頼することなどは結婚式で新郎新婦の生い立ち紹介の映像くらいしかなかったのですが、YouTubeなどの動画投稿サービスという新しい市場によって生まれたニーズと言えますね。

ちなみに視聴回数によって広告収入も得られるYouTubeにおいては、なんと1分間で世界中から100時間もの動画が投稿されているといいます。
これは例えば一本の動画の尺を5分で換算した場合、1分間に1200本もの動画が投稿されているということです。

これは、なかなかとんでもない数字ですよね。

もちろんそれらの動画を投稿している人、全てが動画編集を他人に依頼しているわけではないですが、それだけ携わる機会のある仕事であることは間違いありません。

その証拠にクラウドワークスやランサーズなどの仕事マッチングサービスでは常にいくつもの動画編集の案件が並べられています。

いつ見ても動画編集の仕事は多いので、需要に関しては申し分ないと言えますね。
またその仕事のほとんどが個人の方の依頼というのも特徴的です。

ちなみにこういった個人の動画編集案件を僕のクリエイティブ会社のような法人が受けているかですが、基本的には受けていません。

理由としては一本数千円単位の仕事を一つ受けるのは組織としては効率が悪すぎるため、一気に多くの仕事を受注できる案件を求めているというのが本音です。実際、僕のような考えの法人は多いはずです。

しかし個人で活動するフリーランスや副業で働く人にとっては、数千円単位の仕事でもちょっとした収入になるため、受注したいと考える人は多いはずです。

つまり昨今の動画編集ニーズに応えるのは、法人ではなく個人がベスト。だからこそ個人で動画編集の仕事がしたいという人にとってはチャンスが広がっていると言えるでしょう。

さらに今後は日本の通信規格も5Gの時代に突入します。
5Gになればいつでもどこでも通信容量を気にすることなく動画を楽しむことができるため、動画編集の需要はさらに加速していくでしょう。

・動画編集の需要は高まっている
→特にフリーランスや個人にとってはチャンスが多い
→副業のお小遣い稼ぎにもちょうど良い
→通信規格5Gにより動画編集の需要はさらに増す

動画編集は稼げる?種類別案件報酬とステップアップの方法

動画編集初心者
岡田くん
動画編集の仕事の単価はどれくらいが相場なんでしょう?
エイジ
単純な動画編集の仕事の場合は以下のような金額が多いかな。
あとはステップアップするために何をしていくかだね。

動画編集の1案件の相場は3000円〜10000円といったところです。
仕事を覚えたての頃は、まずは初心者歓迎の仕事や、案件のサンプルを見て出来そうなものから受注するようにすると良いですね。

ちなみにランサーズやクラウドワークスで仕事を探すと平均的に5000円の案件が多いです。

仮に5,000円単価で1ヶ月間の収入を想定するとだいたい以下のような金額です。

【動画編集での月収入例】
・5,000円単価の案件を平日だけ毎日1案件受注した場合

→5,000円×20日=100,000円

副業で考えた場合は上記の金額でも十分かもしれないですが、本業となると1日2案件は欲しいところですね。

ただし動画編集の仕事は作業時間の目安として10分程度の動画編集でもだいたい3時間程度はかかるため、1日2案件が限界かもしれません。

その場合20万程度の収益ということで若干の物足りなさを感じる人もいるでしょうが、実際の結果はもう少し変わってきます。

というのも動画編集はリピート率が高いのが特徴で、一度、依頼主に入ってもらえると高い確率で次の仕事も受注できることが多いです。何故なら動画の好みを分かってくれている人に発注した方が依頼する手間が省けるからです。

さらに動画の再生回数が伸びるなどしてくると、依頼主の収入も増えるため、一回の動画編集の単価を上げてもらえるように交渉もしやすくなります。その時に信頼関係が構築できていれば依頼主もきっと相談に乗ってくれるでしょう。

そのようにして一回の単価が仮に5000円から8000円にアップすれば上記のペースで仕事をしても月収入は大幅にアップしますね。

また、報酬がアップされれば、自分で他の動画編集者を雇って仕事を納品することも可能です。その場合は手が空くので自分は別の案件を行うこともできますね。

例えば以下のような感じです。

【動画編集での月収入例・応用編】
①動画編集の報酬単価が5,000円から8,000円にアップ

②他の動画編集者を3,000円で雇い編集作業を依頼する
(※これまで納品したフォーマットを用いるので安く発注できる)
→(8,000円−3,000円)×20日=100,000円
③自分は他の5,000円単価の案件を探して受注する
→5,000円×20日=160,000円
④上記の金額を合計
→100,000円+160,000円=260,000円

普通に自分で8,000円単価の仕事をするよりも効率よく収入を増やすことができますね。

仕事の外注化は作業する人をコントロールする力が問われますが、数をこなしていくうちに要領もつかめるためオススメの方法です。

個人で外注をコントロールするには人数的な限界はありますが、二人くらいまでは外注化は十分可能なので40万程度の月収入であれば稼ぐことは難しくないでしょう。

あとは肝心な動画編集のスキルをどうやって身に付けるかですが、近道は自分で動画を作ってYouTubeなどに投稿してみることです。まずは見様見真似で他のYouTuberさんの動画を見ながらスキルを進化させていきましょう。

時間をかけずに確実に学びたいならオンラインの動画編集講座・Movie Hacks(ムービーハックス) がおすすめです。

僕の会社でも若手に短期間で動画編集を覚えてもらいたい時に受けてもらっている講座です。

以下、Movie Hacks(ムービーハックス) について詳しく解説している記事です。興味があれば是非どうぞ。

関連記事

YouTuber(動画投稿者)がなりたい職業ランキングの上位に入る世の中になり、動画編集の仕事も広がりを見せています。そんな動画編集スキルを確実に身に付けたいなら動画編集講座・Movie Hacks(ムービーハックス) がおすすめです。 […]

まとめ

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本記事「【動画編集】副業で稼げるという噂の真相は?需要と案件報酬を解説」の概要をまとめると以下の通りです。

・動画編集は特に個人依頼の需要が伸びている、まずは固定客を掴むこと
・固定客を掴んだら一部作業を外注化するとさらに稼げる
・スキルを身に付けるなら自らYouTuberになるのが近道
・確実にスキルを身に付けるならMovie Hacks(ムービーハックス) がおすすめ

他の動画編集についての関連記事も興味があれば是非ご覧ください。

この記事が動画クリエイターを目指す皆様にとって役立つ情報であれば幸いです。

関連記事

クリエイティブ初心者の人にこそおすすめしたいスキルが動画編集です。クリエイターへの第一歩としてぜひ動画編集の楽しさに触れていただきたいと思います。 動画編集初心者 岡田くん 動画編集って難しそうだけどデザインの基礎知識なし[…]

関連記事

YouTuber(動画投稿者)がなりたい職業ランキングの上位に入る世の中になり、動画編集の仕事も広がりを見せています。そんな動画編集スキルを確実に身に付けたいなら動画編集講座・Movie Hacks(ムービーハックス) がおすすめです。 […]

著者・エイジをフォロー!
>「クリエイジブ!」とは‥

「クリエイジブ!」とは‥

クリエイティブ業界で25年のキャリアを持ち、そのうち3社で役員を経験。またクリエイティブ会社の経営者として16年の実績を持つエイジが、これからクリエイターを志す方に向けて学びの情報を発信するブログサイトです。 仕事別で必要なスキルの種類や学びの手段などを、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説・紹介できればと思います。