有料の素材や写真を使うメリット・加入するならこのサービス【おすすめ3選】

仕事での資料作成やWeb記事などを作成する写真素材は不可欠ですが、個性やオリジナリティを出すなら有料の素材を豊富に扱う写真素材サービスに加入すべきです。素材の管理も行き届いているため著作権等のトラブルリスクも軽減できます。

デザイン初心者
岡田くん
素材の有料写真素材サービスのメリットは何だろう?
おすすめの有料素材サービスを知りたいな?

この記事はそんな疑問にお答えする内容となっています。
是非、最後までお読みください。

筆者・エイジと有料写真素材サイト
クリエイティブ会社でデザイン業を営んでいるため、毎日のように写真素材を使います。また、いくつかの有料写真素材のサイトにも加入し、資料や展示物、記事など多くの場面で写真素材を活用しています。
デザイン初心者・岡田くんと有料写真素材サイト
駆け出しデザイナーの岡田くんはエイジのクリエイティブ会社の新入社員です。日々、仕事で写真素材を扱い資料作成やデザイン作業に勤しんでいます。
▶︎エイジや岡田くんの詳細はこちらの登場人物記事をご覧ください。

有料の素材や写真を使うメリット【有料サービスおすすめの理由】

こんにちは、エイジです。

仕事やプライベートでも版権フリーの写真素材を活用する人は多いと思います。
このブログでも紹介している通り、無料で写真素材が手に入るサイトもたくさんあります。

ただ版権フリー、商用利用可とサイトに表記されている場合でも写真素材には著作権があるため、トラブルになるケースも後をたちません。

デザイン初心者
岡田くん
版権フリーで商用利用可能ならどんな使い方をしても大丈夫じゃないんですか?一体どんなトラブルがあるんでしょう?
エイジ
やっぱり著作権についての訴訟問題かな。カメラマンや製作者の使用許可についてや名誉を著しく傷つけた場合などに起こり得ることが多いね。
写真使用によるトラブルは複雑ですが、特に以下のようなことで訴訟問題になるケースが増えているので、注意しましょう。
・写真素材の著作権者の許可を得ずに使用した場合
・写真素材の著作権者の許可を得ずに写真を加工した場合
・写真素材の著作権者の許可を得ずに商用利用した場合
・写真素材の使い方によって著作権者の名誉を著しく傷つけた場合
・写真素材に写っている人物の許可を得ていない場合
これらは一般的に写真サイトで管理されており、サイト全体で「商用利用可」、「加工可」などと謳われている場合がほとんでです。
ところがサイト全体でそう言いながらもよく見ると「加工不可」だったりする素材もあるため使用者が見落としていたりすることも多く、商用利用は可能だけど加工を許可した覚えはないなど著作権者と使用者、サイト運営者で訴訟問題になることもあるのです。
そのような問題に発展するケースは、やはり無料素材を提供しているサイトの写真素材の使用時に起こりがちですが、その点、有料サイトは写真提供者の登録や著作権についても管理を徹底させているため問題が起こりにくいです。
なので、写真を使用する際のトラブル防止策としては、まず第一に写真ごとに利用規約を必ずチェックすることと、管理の行き届いた有料サービスを使用することをおすすめしています。
デザイン初心者
岡田くん
これは気をつけないといけませんね。他にも有料の写真素材サービスを利用するメリットはあるんでしょうか?
エイジ
それはもちろん「オリジナリティ性」という部分だよね。資料や記事作成でやっぱりどこかで見たことがあるような写真ばかり使うのは、他と差別化するという面では残念な印象になってしまうよね。
デザイン初心者
岡田くん
確かに!アイキャッチで一度見たことがある写真だと、その記事を読みたいと思う気持ちは落ちますよね。ブログなどでは離脱率にも繋がるという話も聞いたことがあります。
エイジ
使用する写真が目新しいものだと飽きないし、何より見ていて楽しいよね。有料サービスなら無料サイトと比べて写真が被るということはほぼ無いし、ジャストな写真も見つけやすい。個性や独自性を出したい時に有料の写真素材サービスは超おすすめなんだよね。
僕の会社では写真素材に関しては無料と有料のサイトどちらも使っていますが、特に有料サイトを多用するときは仕事の依頼を受けた時ですね。やっぱりクライアントに迷惑をかけるリスクは少しでも減らしたいのと、内容にあった独自性のある写真を掲載すれば説得力を上げられて、結果として会社の評価もプラスになるからです。
また運営するブログなどにも有料サービスで入手した独自性の強い写真は離脱率を下げる効果もありおすすめですよ。
有料サイトをオススメする理由
・著作権のトラブルリスクを軽減できる
・検索内容に合った独自性高い写真が見つかり説得力が上がる
・ブログなど場合、読者の離脱率軽減の効果があり結果として検索エンジンの評価に繋がる

有料の素材や写真を使うならこのサービス【おすすめ3選】

ここからはおすすめ写真素材の有料サービスをご紹介していきたいと思います。

デザイン初心者
岡田くん
その前に写真素材有料サービスはどんな料金設定なんでしょう?
エイジ
欲しい素材を都度購入する場合とクレジット(回数券のようなもの)で購入する場合、それから1ヶ月を一定金額で入手できる素材の数が決まっている定額プランの3種類が基本だね。
有料の素材サービスの料金設定は以下の3つが基本です。大体どこのサービスも似たシステムになっています。
有料写真素材サービスの料金システム
・定価購入:都度一点ずつ購入
・パック購入:まとめて購入することで値引き、枚数が多いほど値引率は高い
・定額プラン:1ヶ月間、一定金額で入手できる素材の数が決まっており、枚数が多いほどお得
定価購入は一点だけで数千円〜数万円する場合もあるため、お得に購入するならパック購入か定額プランがおすすめです。
ただしパック購入と定額プランでは圧倒的に定額プランの方が一枚の金額は安いため、継続して毎月素材を使いたいという人は定額プランにすべきです。
パック購入はあくまで、その場限りで複数枚に写真素材が欲しいという方向けですね。
それぞれ用途に応じてシステムを選びながら賢く有料サービスを利用しましょう。
それではおすすめの有料・写真素材サービスを3つご紹介いたします。

PIXTA

5,280万点以上の高品質素材、そして検索してヒットしない画像は無いというくらいに欲しい写真が見つかる、間違いない素材サービスです。

僕の会社でも年間プランの更新を欠かしたことがないほど無くてはならない写真素材サービスになっており、デザインワークや資料作成、Web記事など用途は様々です。
また、写真素材以外にもイラストや動画、音楽素材もあるので動画編集などにも重宝します。

料金も1ヶ月に100点の素材を使用するプランの場合、1点が単価165円と突出した安さになるためお得さも飛び抜けています。

日本のサービスなので日本テイストのものが多いイメージですが、おしゃれな海外テイストのものも多く汎用性も非常に高くオールラウンドの素材サービスと言って良いでしょう。

PIXTAおすすめポイント
・日本のサービスでどの検索意図にも対応した汎用性の高い画像を用意している
・写真以外にもイラスト、動画、音楽素材も充実している
・毎週更新の無料素材も使用可能

・定額プランは単価が165円になる1ヶ月、100点以上の年間プランがおすすめ
定額プラン素材点数 10点/月 100点/月 350点/月 750点/月
年間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン
(月間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン)

6,380
(9,000円)

16,500円
(24,970円)
24,970円
(59,400円)
29,480円
(69,300円)
年間プランの1点単価 638円 165円 71円 39円

▶︎PIXTA

Shutterstock

ニューヨークに本社を構える世界最大規模のフォトストックサービスです。
海外サイトならではのおしゃれでエモーショナルな写真がたくさん見つかるので、とにかく資料や記事をカッコよくしたいという方におすすめです。

扱っている素材は写真以外にも動画や音楽などもあり、中でもエディトリアルというジャンルのニュース素材は海外タレント、スポーツ選手などの画像もあり大変貴重です。

料金プランも全体的にリーズナブルなのでお得ですが、個人ユーザーに人気のある50点プランがもう少し安めの設定だと良いかなと思います。

Shutterstockおすすめポイント
・海外サイトならではのおしゃれな素材が揃っている
・エディトリアルカテゴリーの素材は貴重
・画像10点を無料で入手できる30日間トライアルを実施

・定額プランは全体的にリーズナブル
定額プラン素材点数 10点/月 50点/月 350点/月 750点/月
年間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン
(月間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン)

3,500
(6,000円)

12,000円
(15,000円)
22,000円
(25,000円)
25,000円
(30,000円)
年間プランの1点単価 350円 240円 63円 33円

▶︎Shutterstock

iStock

世界最大の写真データベースを持つゲッティイメージズが展開するストックフォトサービスです。

海外サイト特有のおしゃれさと素材のクオリティの高さが素晴らしく、見ているだけで飽きません。検索をかけるとイメージに近いものがしっかり見つかるのも使いやすくて良いですね。

素材は写真以外にも、イラストやベクター、動画もあり充実しています。
また海外サイトでありながら比較的日本の画像を多めに用意しているところも特徴的です。

定額プランは個人ユーザー向けの25点、50点のプランが用意されているので、そこまで枚数を使わない人には向いています。

iStockおすすめポイント
・海外ならではのおしゃれな素材が揃っている
・写真以外にもイラスト、ベクター、動画素材が充実している
・毎月更新の無料素材も使用可能

・定額プランは個人ユーザー向けの25点、50点プランがおすすめ
定額プラン素材点数(全画像対応) 10点/月 25点/月 50点/月 750点/月
年間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン
(月間プラン・1ヶ月料金・シングルプラン)

8,400
(9,900円)

12,700円
(15,000円)
16,100円
(22,900円)
27,000円
(39,900円)
年間プランの1点単価 840円 508円 322円 36円

▶︎iStock

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「有料の素材や写真を使うメリット・加入するならこのサービス【おすすめ3選】」はいかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させていただいた有料の写真素材サービスは以下の3つになります。

是非ご活用ください。

クリエイティブな情報ついての記事は他にもたくさんありますので、興味があれば是非読んでみてください。

関連記事

素敵なイラストが誰でも無料で使用できるイラストサイトを紹介いたします。商用利用可能で使いやすいサイトを選びました。是非ご利用ください。 デザイン初心者 岡田くん フリーのイラスト素材を無料で使えるサイトを知りたいな。 […]

関連記事

企業が終身雇用を掲げない現代において「サラリーマン=生活の安定」という図式は成り立たなくなりました。そんな時代だからこそサラリーマンもコツコツ副業しながら会社に頼らない生き方を探すべきでしょう。今回はそんなサラリーマンの方に向けておすすめの[…]

著者・エイジをフォロー!
>「クリエイジブ!」とは‥

「クリエイジブ!」とは‥

クリエイティブ業界で25年のキャリアを持ち、そのうち3社で役員を経験。またクリエイティブ会社の経営者として16年の実績を持つエイジが、これからクリエイターを志す方に向けて学びの情報を発信するブログサイトです。 仕事別で必要なスキルの種類や学びの手段などを、初心者の方にも分かりやすく詳細に解説・紹介できればと思います。